素人ギャラリーの痴女動画

素人ギャラリー

エナ

#ボクのセフレを紹介しますエナは、セックスが大好物な淫乱美人のセフレ。 本能のままにセックスを楽しめる気楽な間柄だ。「早くしようよ~」座っている机の下から足を伸ばして、チ○ポを触る彼女。 俺のチ○ポが大好きで無類のスケベぶりが最高な相手だ。「久しぶりだもん。すごいよ、こんなにビンビンになってる」自分からチ○ポを触りまくって勃起状態に悦ぶ真正の痴女。 見た目は上品なお姉様的風貌なのにやる事がいちいちエロい。
素人ギャラリー

さや

#ボクのセフレを紹介します俺のセフレは女子大生のさや。 久々に会った。 今日はゼミのレポート作成をしているそうだ。仲はいいが恋人ではなくあくまでセフレ。 セックスが目的で恋愛感情を挟まない気楽な関係だ。 俺はムラムラしているので、すぐにさやの太ももを触ったりといたずらをした。 股を開かせてパンティを露出させながら股間をいじくった。「ゼミのやつ、できないじゃん。全然集中できない」文句を言いながらも正直な肉体は感じてしまう。 あどけない顔をしているが感度が抜群だ。 マ○コにむしゃぶりついて、クンニをすると身体を震わせて感じている。 ゼミのレポートを作りたいのに俺が邪魔をするからそれどころではなくなったようだ。
素人ギャラリー

レイ

本日パパ活でやってきた娘は、日焼けサロンの従業員。 手足が長くてスタイル良くノリも物凄く軽い黒ギャル! 仕事着のコスプレは露出度が高く、胸元からオッパイの谷間もバッチリと拝むことができムラムラする。 接客姿がさまになっている。「ギャルがエロイというのは、ホンマだと思う」 関西弁がまたソソル! 「撮られるの好き!」 ハメ撮りも軽く承諾してくれた。
素人ギャラリー

相澤まな

ボクのセフレを紹介します。 名前はまな。 正統派の美女で、オッパイが大きくてスタイル抜群。 ボクのセフレを紹介します。 名前はまな。 正統派の美女で、オッパイが大きくてスタイル抜群。 そしてドスケベ! セフレとして文句なし。ボクの家に来るなり、すぐに抱きついてくるまなと濃厚なキスで挨拶! 「会いたかった!」 舌を絡ませながらキスで唇を貪りあった。セフレとして文句なし。
素人ギャラリー

山本里穂

ボクのセフレを紹介します。名前は里穂。 恋人ではなく、あくまでもセックスフレンド。 ヤルだけの関係だけど、割り切った感じで心地よい。 明るい性格でよく笑う娘。 艶めかしいボディは、近くにいるだけで勃起してしまいそうになる。 顔立ちも可愛い極上のセフレだ
素人ギャラリー

ちさ

‘ちさ’とカメラを持って写真撮影を楽しむ。「前から思っていたんだけど、モデルとかしたらいいじゃん」 「え~、私は撮る方が好き」そんな事を言いながらも、満更でもない感じでカメラに視線を向ける彼女。 親しみやすそうな笑顔とボリュームのある巨乳ボディが魅力的なちさ。「暑いしさ、一回僕の部屋に行かない?」 「うん、そうだね」部屋に連れ込んだらこっちのもんだ。 ベッドに並んで座る。 ちさを撮影したデータを見せ、モデルになってと口説くがあまりノリ気では無い様子。 まずはリラックスさせる為にカメラや撮影について何気ない会話。 話しながらとにかくお願いしてモデルになってくれるように口説いた。「一枚、普通に撮っていい?」カメラを向けると従ってくれるのだが、恥ずかしそうにしている。 そんな事は気にせず半ば強引に撮影を続けた。 ポーズの見本にグラビア雑誌を見せると、興味津々。 ペラペラと中身を眺めている。 モデルに興味をもってくれたのかな?。「私がこういうポーズをするとしたら?」 「え、それならカメラマンとして撮ってみたいかな」 「撮りたいんだ?私、コウタ君になら撮ってもらってもいいのにな」ちさが乗り気になった! 気が変わらないうちに撮影会を始めた。 顔や太もものアップを撮りながら距離感を縮めていく。 しなだれるポーズを取りながら徐々に淫靡な空気感が漂う…。「服を下から、ちょっと…、してくれる?」ちさは要望に応えてくれる。服をたくし上げ、黒いブラジャー越しのオッパイの谷間を見せた。 爆乳だ!! ブラジャーがはちきれそうな大きなオッパイと深い谷間にわくわくする。 お願いするとお尻を突き出すポーズ。 褒めながらシャッターを切る。 ちさは徐々に開放されるようにスカートをたくし上げ、パンティ姿になった。『脱いでみようか』と促すと服を完全に脱ぎ、下着のみの姿にもなった。 くびれたウェストと迫力ある爆乳のグラマラスな身体で、白くて柔らかそうな肌質も素晴らしい。「じゃあ、あれも取っちゃおうか」撮影という淫靡な空気に取り込まれている状態のちさ。 大胆に、ブラジャーを脱ぎ捨てオッパイを丸出しにした。 タワワに実る果実のようなオッパイが素晴らしい逸品! 興奮しながら撮影を進めた。「なんか私だけ裸なのは恥ずかしくなってきた。コウタ君も脱いでよ」ちさがそんな事を言うので、自分も服を脱いで互いにパンツ姿になった。 パンツ姿の男の身体を撮影する為にちさもカメラを手にして、ダブル撮影会となった。「私の裸見ても、おっきくならないんだ」撮影に集中しているせいで、興奮はしているが股間は大人しいままだった。 そのことに何だか不満の様子のちさ。 淫靡な雰囲気がちさを大胆にしているのだろう。 勃起しないチ○ポが不満のようで、パンツの上からチ○ポを触りだした。 モデルから痴女になってしまった。「あ、でも…触ってたら少し大きくなってきた。直接見ていい?」自分の手で愛撫して、ムクムクしてきたチ○ポの感触にムラムラしてしまったのかな? ちさはパンツを脱がし、チ○ポを直接見て触り始めた。 そんな事されたら勃起度が一気にアップしてしまう。 ギンギンになったチ○ポにちさが官能的な顔で訴えかけた。「めちゃくちゃ大きいね。私がヌイてあげるね」肉棒を握った手を上下して手コキ。 続けてパクッと口に咥えると、舌をペロペロさせながらチ○ポを味わっている。 最初は純情そうな印象だったけれど、すっかりスケベ女に変貌している。 『ヌイてあげる』と宣言しただけあって、いやらしいフェラに悶絶する程気持ちが良い…。 柔らかい口の中に激しくヌキサシされる快感。 我慢できず、そのまま口内発射してしまった。「びっくりした~。気持ちよかった?ねえ、今度は私のことを気持ちよくして欲しいな」無防備に身体を横たえて愛撫しろと命令するちさ。 攻守交替…! 大きなオッパイを揉むと吐息を漏らし、すぐに感じ始めた。 乳首がピンピンに立っていて、悶えるとぶるんと震える爆乳。 敏感な乳首を舐めると吐息から甘い喘ぎに変わり、感じ易い身体を捩って悶えた…。 下半身の愛撫に移動すると自分から大股開きの体勢になり、愛液で濡れたパンティを晒した。 愛撫しながら脱がすと現れた淫乱マ○コの穴の横にはホクロがある。 糸が引くくらいぬるぬるに濡れている淫穴に指を挿れるとすぐに大悶絶状態。 クリトリスに吸いついて激しくクンニ。 すると、大きな喘ぎ声をあげて身震いしながら絶頂に達してしまった。「コウタ君のオチン○ン挿れて欲しい」ぬるぬるマ○コに挿入をおねだり。 入口にチ○ポをあてがっただけで激しくヨガるちさ。 まずは淫乱なマ○コの感触をじっくりと味わう様にゆっくり目のピストンからスタートした。 膣中に繰り出される快感の摩擦に大きな喘ぎ声をあげてヨガり、爆乳を震わせる。 徐々にピストンを速くした。 口内発射でヌイてもらったばかりだから、まだまだ頑張れる! 正常位でズコズコピストン。 続けて四つん這いの体勢でお尻を突き出させバックでもハメまくる。 バックから高速ピストンする度にぶるんぶるんと震える爆乳がいやらしい…。「ヤバイ、すぐイッちゃう」今度は仰向けの状態になって上にちさを乗せ、背面騎乗位で下からチ○ポをヌキサシ。 身体を浮かせマ○コに肉棒がピストンすると仰け反って快感に浸るちさ。 自分から身体を上下させていて、その度に揺れるオッパイ。 今度は向かい合って顔を見ながら騎乗位。 抱きつくちさのマ○コに下からズンズン突き上げてハメハメ三昧。 爆乳を味わいながらの色々な体位でマ○コにチ○ポをハメまくった。ちさを仰向けに寝かせて正常位に戻り高速ピストンをお見舞いする。 本来の目的であったカメラ撮影を思い出し、ピストンで揺れるオッパイの谷間にカメラを置いた。 そしてそのままフィニッシュに向かう激しいピストンでチ○ポをヌキサシ!「あ、イッちゃう。出していい?」 「うん」激しいピストンで快感がピークに達する。 爆発するように射精してオッパイの上にザーメンを放った。 乳房の上から谷間にザーメンがこぼれ落ちて、デカパイをいやらしく彩っている。「二人だけの秘密だからね」肩で息をしながら、セックスの余韻に浸るちさ。 最初の恥ずかしがり屋からスキモノ女に変貌した様が驚きで、そんなギャップもまた最高の‘イイ女’だった。
素人ギャラリー

ミナミ

カメラが趣味の私。 この日、プライべート撮影会を一緒に行なうミナミも勿論カメラが趣味だ。 大きな空間のスタジオ。 ここが今日やってきた撮影場所だ。 会話はぎこちないがミナミの方は積極的に話すタイプで、徐々に場の空気が軽くなっていく。 ミナミは派手な顔立ちの美人だ。 オッパイの谷間が見える服を着ていて、エロイ雰囲気も漂っている。「せっかくだから撮っていいですか?」 「僕をですか?」ミナミは今日のために買ったというカメラを手に意気込んでいる。 そして早速私の身体を撮影し始めるミナミ。「シャツとか脱げます?」ハイテンションで撮影を続けるミナミ。 さらには筋肉質な身体を触り始めて、本当に積極的だ。 モデルが男という逆の立場を楽しむ痴女のようだ。「見せてくださいよ~、お尻」ズボンを脱がせて、お尻を触るミナミ。 ミナミの行為に欲情してパンツの上からでもわかるほど勃起した私のチ○ポを見て大興奮。「ついでなので、私も撮ってみます?」今度はミナミがモデルになっての撮影に移り変わる。 自分から服を脱いで下着姿になるミナミ。 グラマラスな肉体を惜しげもなくさらけ出し、そこに羞恥心はない感じだ。 静止画だけでなく動画も撮った。 大きなオッパイがぶるんぶるん揺れて、その迫力に圧倒されてしまう。「こういうの見て、男の人は興奮するんですか?ほかにも何かあったら言って」 「じゃあ、お尻を突き出してくれる?」要望に応えてお尻を突き出すミナミ。 四つん這いの体勢にもなった。 オッパイと同様、お尻もボリュームがあって素晴らしい。 パンティをよく見ると股間部分にシミができている。 私の身体を弄っているうちに、実は濡れていたようだ。挑発するようなM字開脚姿になって股間を晒してくる。 欲情が高まった様でどんどんシミの部分が大きくなっていく。 濡れ濡れマ○コのシミがしっかり確認できるほどだ。『いじって欲しい』と言わんばかりの体勢をしているミナミ。 股間に手を伸ばして、パンティの上からマ○コの穴やクリトリスをいじくってやる。 それを待っていたように、すぐにアエギ声を上げ始め一気にエロモードに突入だ。「もっと見て欲しいな」そう言いながらブラジャーを外し、大きなオッパイを見せつけてくる。 ドエロ女の本能のまま勃起したチ○ポをパンツの上から触りはじめた。 もどかし気にパンツを下ろすと目の前に飛び出したチ○ポを今度は直接触ってくる。 手コキしつつチ○コに喰らいついて首を振りながらの激しいフェラ。 スケベさ全開でイヤラシイ。 フル勃起したチ○ポをパンティの上からマ○コにあてがい、擦りつけながら腰を振る。 焦らすような動きがたまらなくいやらしい。「下着の中も見ていいですか?」 「いいよ」パンティをずらし、目の前に露出したアナルをじっくりと鑑賞。 マ○コの穴も丸見えになり、それもネットリと鑑賞する。 ずらして恥部を見られているのにじれったくなったのか自分でパンティを脱いで全裸になるミナミ。 大股開きのびしょ濡れマ○コを指でほじくると、待っていたように淫乱で甲高い喘ぎ声を出した。 ミナミのパイパンマ○コはきれいだ。 敏感なマ○コは指マンだけですぐに絶頂に達してしまう。 ちょっと動かしただけでビンビンにヨガってイキまくる。 敏感さも凄まじいレベルだ。「気持ちいい。ねえ、もっと…。セックスしたいよ~」チ○コを挿れて欲しいと懇願しながら唇に吸いついてディープキス。 続けていやらしい顔でチ○コに吸いついてフェラ。 前よりも濃厚に音を立てて玉袋にも舌を這わせて吸いつく。 肉棒を美味しそうにしゃぶる痴女。「もっとしていい? 寝転んで」仁王立ちのフェラから寝転んでのチ○ポ責め…。 オッパイを使ってパイズリもしてくる。 弾力のあるオッパイの感触が最高だ。「撮るのが好きだったけど、撮られる方が好きかも~」カメラを目の前にして撮られて興奮しているようで、さらに責めっぷりを激しくするミナミ。「私も気持ちよくなりたいな」素股でチ○ポに股間を密着させていやらしく腰を前後させる。 頃合いを見て騎乗位でチ○ポを自分のマ○コに呑みこんだ。 腰を上下させながらチ○ポを締め上げてくる。 ミナミがリードして自分のマ○コにヌキサシさせている。 カメラを持ってハメ撮りしながら腰を振るミナミ。 お互いに撮影し合うダブルハメ撮り姦といった感じか…。ひとしきり騎乗位でヌキサシすると、そのまま自分で身体を回転させる。 背面騎乗位姦で、尻肉を揺らしながらチ○ポを締め上げてきた。「もっと撮るのが好きになっちゃった?興奮するよね」 「ああ~、凄いイイ~!」ヌキサシしながら快感のアエギ声を張り上げ絶叫し、腰を震わせ絶頂を繰り返すミナミ。 大きなお尻がぶるぶる動いて、アヘアヘ言いながら交わる…。「私のこと、もっと気持ちよくさせて」今度はバックの体勢で股間を突き出し、挑発してくるミナミ。 私は挑発に乗り、野獣的なバックでチ○ポを突き刺した。 互いに欲望をぶつけ合うようにハメる! そのまま片足を抱えて松葉崩しの体勢でもハメまくり。 そしてアエギ顔を眺めながらの正常位姦で突きまくる…。 ピストンの振動でボヨヨンと揺れまくるオッパイが派手でいやらしい。「もっと激しくしていいよ」貪欲なミナミが激しくしろと求める…。 ご希望通りに高速ピストンを繰り出してやる。 すると絶頂しまくり、全身を震わせる。 ズコズコ腰を打ちつけているうちに、フィニッシュ寸前になってしまった。「いいよ、我慢しなくて!」 「イキそう…!」ミナミのマ○コにピストンしまくって、チ○ポの快感が限界に達した。 急いでマ○コからチ○ポが引き抜いた瞬間にザーメンを発射してしまった。 マ○コの穴のすぐ横に大量のザーメンを放った。 ミナミはザーメンまみれのマ○コを余韻を得るようにいじくった。「ねえ、これからもさあ、私のことプライベートモデルとして撮ってくれる?次はもっとすごいの撮ろうね」ハメ撮りセックスという形になったが、プライベート撮影が終了した。 それにしてもノリノリのスケベな女性で最高だった。
素人ギャラリー

サクラ

トー●界隈の繁華街で佇んでいる娘。 明らかにZ世代と思われる。 数日は家に帰っていなさそうなプチ家出娘っぽい雰囲気だな。 ルックスはロングヘア、スレンダータイプ。 ぴえん系女子と言われる、少しメンヘラ入っている娘といった感じだろうか。 とりあえず、声をかけてみる。 いろいろ会話した後、お金をちらつかせて誘ってみると引っかかってきた。「お小遣いあげるから遊ぼうよ」 「いいよ」ご飯に誘っても乗ってこなかったが、お小遣いという言葉には反応し、すぐに応じてくれた。 ラブホテルにも簡単についてきて、カメラ撮影もOK。 何でもアリなのか…ハメ撮りも渋々ながらOKしてくれた。「後で自分で観るの? ヤバッ、性癖ヤバイね」そう言いながらもカメラに向かって股を開いたりと、まったく抵抗感がなくてあっけらかんとしている感じだ。 金の為に割り切っているのだろう。 髪の毛の匂いを嗅がれても、服の上からオッパイを揉まれても、為すがまま。 服のボタンを外すと、大きなオッパイの谷間が見て取れる。「最近いつエッチしたの」 「え~、覚えてない」ブラジャーをめくって直接乳首を刺激しても嫌がる素振りはない。 キスにも応じて、乳首舐めも受け入れて、積極的ではないが抵抗もしないので、貪り放題だ。 下半身の方に指を這わせると、突如シャワーに行きたがる。 ちょっと意地悪したい気分になり、シャワーを阻止したら結局そのままいじくられ放題で身を任せた。 スカートを脱ぐよう求められると、素直に応じて脱ぎ始め、下着姿になった。「これ絶対気持ちいいでしょ」 「え~、普通」下着越しにクリトリスをいじくると、気持ちよさそうな表情をするが、そこは素直には答えない。 セックスの快感に没頭するのが恥ずかしいのだろうか? 電マをパンティの上からあてがう。 さすがに平常心ではいられなくなったようで、感じ顔を見せ始めた。 やっぱり女を弄ってヨガっている様子が見えた方が雰囲気が盛り上がる。身体がビクビクし始めて、見るからにヨガっている感じになる。 それが恥ずかしいのか、プレイの中断を申し出る娘。 嫌がっているのを阻止しながら快感ツボを責めて歓喜に持っていくのは興奮する! 途中でやめずにガンガン責めてやる。 クリトリスや乳首への電マ責めを激しくした。「あ~、ダメダメ、待って!」身体をビクッとさせた後、一瞬脱力した…。 どうやら電マの快感で無言のまま絶頂に達したようだ。 四つん這いの体勢にしてパンティを脱がす。 マ○コとアナルが丸出しになった。 こんな恥ずかしい格好は惜しげもなく出来るのに、快感にヨガる姿は見せたく無いという感覚が面白い。 脱がしたパンティにはだらしなく噴き出した愛液のせいでシミが付いている。目の前の無防備な局部…。 今度はクリトリスに直接電マをあてて責めまくった。 大きく股を開かせると、さすがに恥ずかしそうな顔になる…。 ヨシヨシ!やってる甲斐がある感じになってきた。 恥じらっている表情が可愛らしい。 嫌がっている雰囲気だけど、強引なクンニでマ○コに快感を与えると、結局喘いでしまう娘。感度の良い肉体のようで、ちょっと愛撫するだけでマ○コはマン汁まみれのビショ濡れだ。 簡単に指を飲み込むし、バイブを挿入してズボズボヌキサシすれば、太ももを震わせて感じている。 さすがに強い刺激には耐えられないといった様子でヨガリまくる…。 身を捩って快感に素直になりつつあるのはボルテージが上がる! さらにヨガらせようとバイブ&電マでの同時責め。 大量のマン汁が溢れ出して、かなりの淫らさだ。「触って」丸出しのチ○ポを差し出すと、素直にチ○ポを触る娘。 求められれば応えてしまう従順な性格なのだろう。 フェラもしっかりとチ○ポを咥え込んで、乳首舐めもする。 痴女っぽい感じがするのは、本性が素直でスケベな娘だからなのかも知れない。「俺、乗ってもらうのが好きなんだよ」要望に応じるように騎乗位の体勢でチ○ポをズッポリと挿入してくれた。 パイパンマ○コにチ○ポが突きささる様子がイヤラシイ…。 言い訳のように自分では動けないと言いつつも… 腰を上下させたり前後に動かしたりと、快楽を貪る腰つきがイヤラシイ…。 体勢を変えて対面座位で挿入すると、下から突き上げられる快感に身を任せてくる…。 男の方がリードしてのセックスの方がしっくりときている感じだ。 そのまま仰向けに寝かせて、開いた脚の間にチ○ポをねじ込む。 正常位でズコズコと突きまくると、アエギ声が大きくなり快感に身を委ねる素振りを見せる。 どちらかと言えば受動的なセックスの方が好みのようだ。「やっぱ、おじさんが動いてあげないとダメじゃん。こっちにさ、後ろ向けてみなよ」恥ずかし気もなく、そう求められて四つん這いになる娘。 アナルもマ○コも、形のいいお尻も丸出し状態。 バック姦でお尻や腰を掴んでズコズコとチ○ポをヌキサシする。 若くて弾ける肌に綺麗なボディライン。 腰のクビレなどもわかり、スタイルのよさも際立っている。 スレンダー体型の部類だが、しっかりと腰の張りはあってピストンの振動で尻肉が揺れるのがイヤラシイ。 マ○コの穴の中の気持ちいい部分にチ○ポがあたっているのか、トロけた表情になって悶えているのもイヤラシイ。 随分素直になってきた。「こっち向いて、全部脱いじゃおうか」身体にまとわりつくすべての衣服と下着を脱がせて娘を全裸にする。 正常位の体勢でチ○ポを突きまくる。 ハメ撮りだから、ダイレクトに悶えっぷりが感じられるのもいい。 フィニッシュに向かう高速ピストンで腰を打ちつけて、そのまま中出しに至った。「気持ちよかった」 「出した~?」 「いっぱい出ちゃった」あっけらかんとした感じで中出しを受け止めると、自分の股間に指を這わせてザーメンをくみ取って中出しを確かめていた。 トー●娘との援交セックスは大成功。 白熱のセックスではないがお手軽セックスという感じで、これはこれで良きかな。 ‘THEトー●界隈にいるZ世代の娘を相手にするセックス’とでも言った感じか。 これからの時代のトレンドなのかもしれない。 ともあれ、若い娘に中出しをキメられるのは、おじさん世代にとっては、嬉しい限りである。