シリーズ:港区女子。

プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

【大人の女のトビ方と落とし方。】憧れと夢を叶えるための美貌、ストイックに仕上げられた体は極上。最高にイイ女とトビまくるセックスで夜を明かす。

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く相槌を打ち、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。「レースクイーンの格好、してみたいなって」はにかみながらそう話す美女が今夜のお相手。 あの格好してみたい、あの場所に立ってみたい。 願ったことが全て叶う夢のような人生は、生まれ持った美貌と地道な努力あっての賜物です。一朝一夕ではないイイ女のオーラが出まくり、ホテルに誘ってもどこか余裕な笑顔で応じてくれます。このクラスになるとエロテクも当然のように一級品。 せっかく落としたのにマグロだっただの、フェラが全然下手くそだっただのという心配は無用。街ゆく人々が振り向く綺麗な顔に、勃起チ●ポが接近していきます。 ぎゅぷっ、ぎゅぷっと唾液を含んだ音を響かせてしゃぶられ、綺麗な形のおっぱいでパイズリまで堪能。 おっぱいにチ●ポを挟んだ時の笑顔で、どれだけセックスが好きか分かるのがエロい。合流した港区おじさんともあっという間に距離を詰めていき、気付けば男女の吐息混じりな喘ぎ声が聞こえてきます。スラっと細く長い脚、完璧な曲線を描くくびれ、引き締まりながら女性らしい丸みを帯びた尻、更には膣の締まりまで極上なイイ女。イク度に感度が上がる彼女と、ヤリ残しがないよう全身を味わっていきます。
プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

軽いノリで始めた港区飲み。気付けば父親より遥かに年上のチ●ポが順番待ち状態、イカされまくって…

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く相槌を打ち、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。今夜のお相手はW大に通うこのみちゃん。 良い女感バリバリの見た目だけど、話してみるとまだまだ精神的には20歳そこそこ、色んなことが中途半端でふわふわしてる。そのギャップが興奮するんです。父親より遥か年上の男にニコニコ媚びて、チャンスを逃すまいと喰らいついてくる。 ので… ぴちぴちの美乳をしゃぶられても、綺麗なまん丸のケツを尻の穴まで舐めまわされても、 チ●ポを喉奥まで突っ込まれても大丈夫なんです。完全同意セックスなので好き放題やらせてもらいます…。あっつあつに蒸れたマ●コにチ●ポぶち込んでいくと、締まりが良すぎて押し返される。 負けじと膣壁をこじ開けながら奥めがけて腰を振る。 だんだんとチ●ポの形を受け入れて絡みついてくる若いマ●コに興奮が止まらない。この絶品マ●コをぜひ他の男とも分かち合いたいので、 もう1人呼んで楽しくて気持ち良い港区の夜を続けていきます。
プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

【隙だらけな巨尻】清楚な顔してどスケベな下半身、無自覚にエロく育った綺麗な体に港区おじさんのチ●ポが迫り来る!!深夜の芝浦に甲高く響くイクイク声!!港区女子の、限りある若さと美貌を貪り尽くす!!

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く相槌を打ち、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。ギラギラした港区に似つかわしくない清楚系、おっとりした話し方。 一皮剥いたらエロすぎるデカ尻振ってイキまくるメス。そんなギャップが魅力的な子が今夜のお相手。 育ちの良さを感じる話し方と所作、しかしその無自覚なエロさが周囲を狂わせていく。 いわゆる「サークルクラッシャー」の一面があるそうです。港区おじさんと合流して間もなく、腰に手を回されてもすんなり受け入れる。 この「ヤれそう感」がサークルクラッシャーの素質なのでしょう。彼女持ちの男や妻帯者であってもスルーできない空気があります。ホテルに入ればすぐにスイッチオン。 あっという間に男の上に跨ってねっとりと猛烈なキス攻め。さっきまでのおしとやかさは見る影もなく…。 うっとりとメスの顔になっていました。顔に似合わないエロ尻を揉みしだいてると既に下着には巨大なシミが広がっている。 平気な顔でこんなになるまで濡らしてたとは…。とんでもないムッツリスケベです。ピンッと勃った乳首を指でつまんで、弾いて…。していくと甘い声が漏れてきます。 小刻みに体を震わせながら徐々に荒くなる呼吸。綺麗な腋を舐め上げると恥ずかしそうにはにかみながら気持ちよさそうにしています。 そしてパンツを剥いてきたと思ったら、どこで覚えたのか竿より先にタマを丁寧に舐めたり吸ったりしながら、じっと見つめてくる。パンパンに膨れ上がったチ●ポを口いっぱいに頬張って、うっとりする姿にもう限界です。とろとろな愛液でエロい光沢をまとうパイパンマ●コに挿入。 柔らかくてあっつい膣肉に包まれて、中でチ●ポはどんどん反り上がっていきます。 チ●ポが膣をえぐりながら往復して、子宮口をノックするたびに部屋中に響く甘い喘ぎ声。 体を弓なりに反りながら、「イクっ!」「イクっ!」と壊れそうなほど敏感なマ●コ。こんなに反応が良いとついついピストンも激しくなってしまいます。今日もきっとセックスできるかもって期待してたんだろうな。 徹底的に、とことん抱きまくってやらないと。1回射精したら少し休憩して2回戦。 何をしても大丈夫そうだし、マ●コ真っ赤になるほど激しくしてやろうと思います。
プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

【甘えた声と舌技と肉感】自信たっぷりの生き方しててもイク時は涙目、人脈作りの為にはどこまでも従順に尽くしてイクイク絶頂!史上最高レベルのフェラテクに●いしれる!!

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く酒を飲み、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。「普通のおじさんと飲んだって意味ないし」言葉の端々から港区女子特有の選民思想が漏れる、売れっ子エステティシャン。 独立して自分の店を持つために、経営者とのパイプ作りに必死な様子です。何も施してくれない男とは話す気がない、とバッサリ切り捨てる姿が潔く、試しに奢り奢られの話題を振ってみると「払ってくれるのが普通だから、その論争に加わる必要もない」「そのレベルの人たちで勝手にやってな?って感じw」などと、炎上上等の姿勢でグイグイきます。「同世代の友達とかで私より稼いでる子いないと思う」生まれながらに施されてきた勝ち組人生に、若くして掴んだ仕事での地位。 人生の全てが彼女の揺るぎない自信の源になっているようです。コンサルの港区おじさんをアテンドすると、鼻にかかった甘い声で早々に距離を詰めていきます。 大きい瞳で見つめながらにこにこするだけで、この21年間楽勝だったのでしょう。密室でパーソナルなマッサージから、徐々に肌が触れていく。 あらわになったおっぱいはハリがあって形も良く、素晴らしい大きさです。 感度も良くて、しばらく乳首を舌で転がしているとパンツに大きな染みが浮かび、そのままマ●コを指で掻き回すと ピチャピチャと音を立てながら全身がビクッと震える。「んんっ…イクっ…あっ、イクイクっ!イクっ…」イった後の泣きそうな顔を見ると、最初の自信満々な言葉の数々を忘れてしまいそうです。「ごぽっ、ぎゅっぽぎゅっぽっ、ずずずず……ちゅぽんっ」激しい唾液の音を立てながらチ●ポに舌を絡ませるフェラは超絶品。 思わず笑ってしまうほど気持ち良くて、病みつきになりそうです。 四つん這いにさせて、ノーハンドで舐めさせると征服感マシマシで、港区のヒエラルキーを感じます。ミニ丈のワンピースをズラして、挿入。 ぬっちゃりとしたマ●コが、彼女の熱気をチ●ポに伝えるように柔らかく包み込む。 水気の多い音が部屋に響いて、メスの匂いが充満。さっきの極上のフェラが忘れられず、体位を変えるたびにチ●ポを口元に差し出してしまう。 自分のマン汁でグッチョリとテカるチ●ポを素直に咥える従順っぷり。そして抱き心地の良い体をたっぷりと堪能して、おっぱい目掛けて射精。 余韻に浸る彼女の姿にまた興奮してきて、今度はその従順さにつけ込んだプレイで楽しませてもらう。自信たっぷりな笑顔から、おじさんの快感の為に使われる港区女子をお楽しみください。
プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

【港区が惚れ込むどエロい体】あどけなさが残る顔とGカップのギャップ。港区おじ御用達のラウンジガールとメチャクチャにヤリまくる。こんな最高の夜があってもいい。

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く酒を飲み、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。あどけなさが残るアイドル級の顔面に、歩くたび揺れるGカップ。 ガチ恋不可避の美少女はまさに、港区ラウンジ界隈が誇る切り札。しばらく見とれていると「友達が男の人に割り勘にされてて…w」「私だったら絶対嫌だなぁって…されないと思うんですけど…」ナチュラルな煽り、見下し発言に一瞬固まります。 純粋そうな顔していても、これが港区女子。一線級相手に油断は禁物です。「今は…一応家賃払ってくれる人がいて…」しっかりパトロンの経営者に家賃を払わせていました。 向上心の高さは本物で、お手当の金よりも人脈作りを優先する余裕の佇まいでした。ホテルでは男とサウナの話で盛り上がる。 紅潮した体、全身に浮く玉の汗。うっとりした目で乱れる呼吸。 想像しただけで勃起が止まりません。 2人でサウナなんて入ろうものなら、1分も経たずに事が始まってしまう。キスすると同時に彼女の長い舌を吸う。口の中でお互いの舌が絡み合って、唾液の卑猥な音が部屋中に響く。 スカートを捲るとプリッと肉付きの良い尻があらわになり、食い込んだTバックがエロさを際立たせる。よく見てみると既にうっすらシミができています。「チューで濡れちゃって…」思わず唾を飲み込む。 行動、言動がいちいちチ●ポを刺激する。 わざとやっているのか、無意識なのか。どちらにしても恐ろしい。よく手入れされた綺麗なマ●コは指を当てるだけでピクっと震え、中から愛液がこぼれ落ちてくる。 人差し指で適当に掻き回すだけで、 「あっ…あぁっ!だめぇ…」と甲高い声を漏らす。目を見つめながらチ●ポを吸い上げるフェラは、しっかりを頬をすぼませながら自慢の長い舌を絡ませてくる。 このフェラの為に毎週でも会いたいくらいです。なかなか味わった事がない極上の口技。期待した通り、と言うかそれ以上に、マ●コの締まりは文句なしの一級品。 特に、上半身のブレが全くないグラインド騎乗位。チ●ポの刺激はもちろん、視覚的にも最高のエロさです。 彼女自身のマ●コとクリも刺激されまくって、勝手にイキまくってます。 その度に膣がピクッ、ピクッと締まるので射精をこらえるのに苦労します。まだまだ色んな体位で楽しみたい。 それに、何でも言う通りにしてくれそうな彼女に、少し特別なプレイも用意してあります…。男なら最高の女の初めては何でも欲しいものです。 今まで経験した事がないくらいイキまくって、彼女にとって忘れられない夜になったんじゃないでしょうか。
プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

【朝まで抱いても飽きない体】生唾飲み込むエロいボディラインに距離感近めのコミュニケーション。港区の上級女子が一晩中マ●コの奥突かれて潮吹きまくりでイキ狂う!

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く酒を飲み、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。「私、もっと上目指してるので」イ●スタを中心にフリーのモデルをやっているという美女が今回のターゲット。 話を聞き始めて早々に剥き出しの野心を見せてきます。どんなチャンスにも食らいつく、 学も職能も無いが ただただルックスが良い を武器に戦う港区女子の覚悟です。当然男側への要求もストレートで、「仕事できる人じゃないと無理なんですよね」「話の運び方とか、段取り悪い人いるじゃないですか?そういう人って仕事できないんだろうなって」「なんでもっとお金稼ごうと思わないのかなって思うんです」飲み会に誘って奢らなかったら100%SNSで晒されます。 ですが、羽振の良い男にとってこれほど便利な存在はありません。港区の繋がりをチラつかせつつバーを渡り歩き、無事ホテルイン。 大きな瞳で見つめながら、たっぷりの唾液を口に溜めて、ジュポッジュポッと音を立てる。 付き合ったばかりの恋人みたいに、いたずらな笑みを浮かべながらチ●ポをしごく彼女の口内に射精。嫌な顔ひとつしない。合流したおじさんと早々に外のジャグジーへ。 港区の夜景を臨みながらシャンパンで乾杯。言うまでもなく、イチコロ。キラキラした空間とアルコールで目がとろんとしてるうちに、キスで口を塞いで追い込んでいく。 綺麗な形でハリのある天然巨乳をじっくり堪能しながら、もうぬるぬるのマ●コへ手を伸ばす。 中指と薬指がギリギリ入るキツさ、ジャグジーの湯に、マン汁がどんどん溶け出していく。そのまま少し膣内を掻き回すと勢いよく潮が吹き出してくる。すっかり準備は万端で、そのまま屋外ジャグジーで挿入。まん丸でデッカい尻から、ウエストへのくびれがとても良い眺めで、ピストンの勢いが増していく。「……んぁっ、…だっ……だめっ……ぅぅぁあっ!んあぁあ!あっ!」体をビクつかせながら声を必死に抑えようとするが、チ●ポの勢いには勝てなかったようで、甲高い喘ぎ声が夜のお台場に響き渡っていきました。潮吹き体質なのか室内に移動してからもソファで、ベッドで、廊下で。プシューッと撒き散らしていきます。「びしょびしょ…出禁になっちゃう…」口でそう言ってもまだまだマ●コの噴水が止まりません。 バックで突くとチ●ポがピンポイントで弱点に当たるらしく、顔を伏せまましばらくうなって、ビクンビクンッと全身が跳ねる。 正常位では男の腰を脚でガッチリホールド、両腕で力一杯しがみついてイキ続けました。部屋中が彼女の潮とマン汁でシミだらけになり、エロい空気が充満してきた頃、おっぱい目掛けて射精。チ●ポを抜いた後もしばらく小刻みに震えて余韻イキする姿が、最高にムラつきます。「はぁ…はぁ…」と大きく開いた口にいきなりチ●ポを突っ込んで、そのままイラマピストン。 戸惑いながらバタバタ跳ねる両脚を無視してチ●ポをどんどん喉深くまで潜らせて行きます。「ッンボ、ゴボッ!」えづき汁でドロドロになったチ●ポを、今度はマ●コへ突っ込んでいく。「んいゃっ!あぁあ…っうぁぁ…」1回戦の熱がまだ引かないマ●コは、挿れた瞬間からチ●コと脳がとろけそうな快感です。まだまだ夜はこれから。 抱き心地最高、こんなエロい体なら一晩中飽きない。
プレステージプレミアム(PRESTIGE PREMIUM)

【麻布で壊される摩天楼ボディ】170cmをゆうに超える長身にとんでもない引力のおっぱい、自分の価値を最大限活用する雲上港区女子のガクイキが止まらない!!

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く酒を飲み、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。今回のターゲットは総フォロワー数5万人を抱えるインフルエンサー。 遠目に見てもすぐそれと分かる170センチoverの摩天楼ボディ。ヒールも合わせたら170後半はありそうです。「●ってしょっちゅうスマホ無くしちゃうんですよね」笑いながら話す彼女のスマホに目をやると、見慣れたLVのゴールドモノグラム…。 後から調べると70.000円はするケースでした。「スマホ新調する度にケースも買ってもらうんです、たぶんこれ3代目くらいのヴィトンw」「貰うなら高い物じゃないと大事にできない。安物ならいらなーいって断っちゃいます、どうせ無くすからw」これぞ港区女子。 自分自身も企業からの広告案件でかなりの収入がありつつ、男から貢がれる額も相当なようです。 パーティに誘われれば当たり前に報酬が発生し、そこで新たな繋がりができる。 その場にいるだけで金を生む、港区の永久機関。